« LOHASマーケティング・イニシアティブ(LMI)記者発表会 | Main | バリヨガ29日目(4/8)はハートのチャクラが開いた日 »

バリヨガ28日目(4/7)はキャメロンが病気になってさあ大変!

昨晩はBillyのマッサージを受けたあと、転寝してしまったので2時くらいに起床。ゴビンダ先生はこれくらいの時間におきるらしいのでそのままおきていることにする。Billyのおかげで疲労もとれた。

5:30-7:00は瞑想&プラナヤマ(ナディショダナ)。
脱力を感じながらもハートのチャクラが開いているのを意識してのメディテーション。サウンドトラック#2がいつもよりものすごく澄んだ音色に聞こえる。

7:00-9:00はVibrant Living Yoga。

9:00-10:00は朝食。

Img_1124
【写真】ガブリエルとダニエル。誰かかカメラで写真をとってたので掲載


Img_1125
【写真】今夜バリを出発。吉川めいちゃんがシバ神のタンクトップを着ていた。めいちゃんが着るとなんでも似合うわけだがそれにしても似合う。これも誰か(多分マークスト)が写真をとっていたので掲載。

ゴビンダ先生&メイちゃんは来月いよいよ結婚。そしてタイに1ヶ月結婚旅行に行ったあとは、3ヶ月くらいマイソールですごし、そしてハワイで新居探しをされるとのこと。お幸せに。でもめいちゃんの仕事は日本が中心になるみたいだし、ゴビンダ先生も世界中を旅しながら日本でWSを開催していくみたいなので2人と会えるのを楽しみにしていてくだされ。

15:00-18:00はインストラクションの練習。フィードバックで呼吸と動作の間のタイミングが一定でないというアドバイスをもらう。確かに英語だと、 Inhaale!といったあと、言葉がでてくるまでにちょっと時間がかかってしまうのが今の私。アドバイスありがとう、アリフ。


Img_1126
【写真】講義をリラックスして聞くマークスト。私といつも冗談ばっかり言い合っているオーストリアの勇敢な戦士。


Img_1128
【写真】13:00-はランチ。スプリングロールがうまくて、そればかり5つ食べた。あとで聞いたらステファニーも5つ食べたみたい。

Img_1129
【写真】カカオデザートの断面図。


Img_1130
【写真】15:00-18:00インストラクションテスト。4-5人のグループに分かれての1人先生が30分のインストラクションをおこない、残りの生徒役が
1.口頭のでのインストラクション(声の大きさ、トーン等)
2.アジャストメント(タッチの回数、クオリティ等)
3.全体(クラスの雰囲気、アサナの知識等)

の3つのカテゴリーについて1-10段階で評価をするというもの。

1番手はキャメロン。2年前にヨガアーツのTTCを受けていて、既にオーストラリアでヨガを教えているのでさすがのもの。
2番手はステファニー。ちょっと緊張ぎみだったけど、一生懸命さが伝わってきて好印象。
3番手は私。最善を尽くしますた。
4番手はタカ。タイチの動きを取り入れたオリジナリティある構成。

評価ありがとう、キャメロン、ステファニー、タカ、リサ。


Img_1132
【写真】18:30-は夕食。金曜日は恒例のピザ。

途中でゴビンダ先生とめいちゃんがホテルを後にする。ハグしてお別れ。貴重な時間をありがとう!

20:00からはJivamukuti Yogaの創始者のSharon Gannon and David Lifeによるショートフィルムをみる。2人の芸術的な動きに大いに見せられる。

その後、ジャネットとGraduation Partyでプロジェクターで映し出す写真選びをする。

その後疲れ果てて、部屋に戻ってみると、ベット上で横になっているキャメロンの様子がおかしい。全身が震えている。いつもは陽気で面白いことばかりいって皆を笑わせてくれているムードメーカーである彼とのギャップに驚く。
隣の私のベットからブランケットが剥ぎ取られていて、自体の深刻さが伺える。
その後、キャメロンが「こんなことになるのは初めて。部屋にもどってベットに横になったら急に悪寒が襲ってきた。夕食の時、家族のことが話題になって、そのときはなんともなかったのだが…」みないな話を搾り出すような声でしてくれた。キャメロンは父親のビジネスを手伝っていて、普通弱みをみせることができる存在がキャメロンにとっては家族ではなく、またみんなに対しても常にムードメーカーとして弱みを見せることはない。彼にしかわからない孤独。その反動がきたのかもしれない。

タオルとか水とかを枕もとにもってきて、その後、ホテルのレセプションにいって、ダニエルを呼んでもらう。そしたらソロモンが電話にでて状況を説明して、きてもらうことに。

しばらくして、ソロモンが駆けつけてくれて、体温測定や問診をしてくれた。ソロモンはドクターではないが、子供の頃からアーユルヴェーダを学んでいてとても頼りがいがある。最初、マラリアとかの心配もしたけどどうやら大丈夫みたい。キャメロンの症状もだいぶ落ち着く。ソロモンより水分を十分にとって眠れるまで30分おきくらいに熱を測ることをアドバイスされる。私はキャメロンの隣のベットでキャメロンが眠るまで待機。キャメロンもだいぶ落ち着いたのでいつの間にか眠っていた。

TTも残るところ後、2日。カウントダウンにはいっているけど、このTTはただでは終わらない。。。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

April 19, 2006 in Vibrant Living YTT 2006@バリ |