« バリ19日目(3/29)はUbudでムチャル祭りを見てきた | Main | バリ21日目(3/31)はゴビンダ先生が合流 »

バリ20日目(3/30)はNyepi(ニュピ)でDay of fasting, Silence

今日3/30はヒンズーの新年にあたるNyepi(ニュピ)ということで、YTTのプログラムでも野菜ジュースもない完全断食&静寂の日。今日は各自がメディテーションやプラナヤマを行い過ごす。

さて、世界中(*)から18名のヨギ、ヨギーニが神々の島バリに集結しての1ヶ月間のヨガインテンシブトレーニングも今日を入れて残るところあと11日。

*オーストリア、イタリア、ノルウェー、モロッコ、オーストラリア、日本、インドネシア(ジャカルタ、バリ)、カナダ、アメリカ

YTTのカリキュラムは以下。

-Asana&Vinyasa
-Alignment&Mechanics
-Teaching Methodology
-Yogic Nourishment
-Anatomy&Physiology
-Pranayama
-Yoga Philosophy&Scripture
-Kirtan chanting
-Meditation
-Adjustments
-Sanskrit Language
-Sequencing &Thames
-Business of Yoga
-and more

そしてそれに花を添えるのが、Ayuruvedic &Raw food ChefのSolomon によるGourmet Living Foodと多彩なゲスト講師陣。アイアンガー、クンダリーニ、アシュタンガヴィンヤサ、パートナー、フリースタイルハタ、ダイナミックヴィンヤサ等様々なトラディションのヨガ講師に加えて、ヨガの本場インドからスワミジやミュージッシャンも合流。

このTTはYOGA ALLIANCE200hoursの認定YTTであるが、以前受けた別のそれとは別物。どちらがよくてどちらがだめということはないのだが。

バリ島という魅惑の土地で、世界中から集まったヨギと同じ時間、空間をシェアことにすごく意味があることだと感じているし、目、耳、口、鼻、皮膚、心から入るのは新鮮なものばかり。

特にローフードと出会いは、ヨガジャーナリストの私にとって新たな可能性を見つけるのに十分過ぎるほどの甘美で衝撃なものだった。昨年11月にLAの有名ローフードレストランで食事をして際にローフードの大きな可能性を感じた私にとって、1ヶ月間ローフードを食べ続け、多くのローフード実践者から話を聞いていることは大きな財産になっている。ここで覚えたレシピの数々はサイトや雑誌を通じて皆さんとシェアしていきたいし、これは私にとっても新たなチャレンジで楽しみ!

ヨガとは人生そのものであるということを、改めて認識されてくれたこのYTT。来年も開催することになったらもっとコミットしていきたい。そしてここで出会った仲間はこれからもずっと仲間であると何の疑いもなくいえるNyepi(ニュピ)の今日。

Img_0861
【写真】昼過ぎに気分転換がてらキャメロンと川に遊びにいった。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

April 9, 2006 in Vibrant Living YTT 2006@バリ |