« @YOGAのプロフィールを更新 | Main | バリ20日目(3/30)はNyepi(ニュピ)でDay of fasting, Silence »

バリ19日目(3/29)はUbudでムチャル祭りを見てきた

5:30-7:00は瞑想&プラナヤマ(ナディショダナ)

7:00-9:00はVibrant Living Yoga(ダイナミックヴィンヤサ)。マットの位置を移動することによってアビディヤを取り除く。これ面白い。あとクラスの初めて隣の人に自己紹介するっていうのも面白い考えだなー。

Img_0787
【写真】Pincha Mayurasanaのデモンストレーションをするダニエル

Img_0788
【写真】9:30-は朝食。下部のグランベリーソースはヨーグルトみたいな味がするけどヨーグルトじゃなかった。カシューナッツとかスペシャルウォーター等で作ってある。 I cann't imagine it's not yogurt.っていうアメリカのソイミルク団体のキャンペーンがあるんだって。ステファニーがいってた。

Img_0789
【写真】ソニア、ピア、リザがいつも料理にかけているスピルリナ粉末

11:00-14:00はアジャストメント中心の講義。

Img_0793
【写真】リザにParivritta Parsvakonasana(Rotated side angle)のアジャストをするダニエル
今までにアジャストメントはStanding系のアサナについて一通り学んできた。

Tadasana, Samastittih(Mountain, Steady standing , Even standing)
Uttanasana(Standing forward bend)
Utthita Trikonasana(Triangle)
Parivritta Trikonasana(Rotated Triangle)
Utthita Parsvakonasana(Extended side angle)
Parivritta Parsvakonasana(Rotated side angle)
VirabhadranasanaA&B(WarriorA&B)
Utkatasana(Awkward Pose)

等。

Img_0799
【写真】14:00-は遅めの昼食。Spring roll s 2each. Soup Coconut yum. Tomato parsley Cashews dressing. ココナッツスープがあっさりした飲み口でうまかった。

なぜ遅めの昼食のとなったかというと、Danielの粋な計らいで午前中の時間を長くして、夕食までに時間を自由時間としてくれたから。これによってUbudにムチャル祭りをみるいくこととした。ムチャル祭りについては以下。アピマガジン別冊「ポケット・アピ」Vol2より抜粋。

ニッピは「静寂の日」という意味があり、賑やかなリゾート地バリ島から光も音楽も人々の外出も禁止されて、島中が闇に包まれる、世界でも大変珍しいお正月のセレモニーです。ニッピの前日にはムチャル祭りがあり、この祭りは冥界の神様が現世を年末の大掃除するといわれています。この儀式では「オゴオゴ」といわれる巨大なモンスター人形が街をパレートし、悪霊を追い払いながら現世を大掃除。バリ後では「ブタカラ」といいます。大きい人形では全長3mから4m以上。旅行者や在住者は例年バリ島の若者たちがこれを担いで練り歩く姿をたのしめます。

バリニーズのワイアン、インドネシア人のアリフ、リザ、ジャネット、私の5人で歩いて周る。ワイアンがいるので安心。

そういえばバリスピリット以外のUbudを見て周るのは前回も含めて初めて。私の中でバリスピリット=ウブドだった。なんとも小さなウブド。鳥取いくまでは鳥取には鳥取砂丘しかないと思っていた人の気持ちが少しわかったようなわからないような。

Img_0803
【写真】Jl. Hanomanでは祭りの準備。

Ubdo Market(ウブド市場)の方にいってみるも結構閉まってた。

その後、Jl.Monkey Forestを歩いていると ウブド市場 からサッカー場へのオゴオゴの行進が始まった。

Img_0811

Img_0812

Img_0813

Img_0814

Img_0817

Img_0820

Img_0821
【写真】目の前を様々なオゴオゴが通りすぎていく姿は圧巻。

Img_0822

Img_0823
【写真】サッカー場にいろいろなオゴオゴが集まっていく。


Img_0825
【写真】この少年はきっと勇敢な大人になる。


Img_0827
【写真】バリの伝統を継承していく少年たち。強くあれ!


Img_0830
【写真】自分たちより大きなオゴオゴがサッカー場に入場してくるのを見つめる青年たち。君たちのオゴオゴはドラゴンが相当いかしているよ。


Img_0831

Img_0832
【写真】近くからオゴオゴを撮ってみた。

Img_0834
【写真】乳首とおへそが光るオゴオゴ


Img_0836
【写真】至近距離がとっていたら、男性の象徴を発見

Img_0837
【写真】”ダンコン”オゴオゴの全体象はこんな感じ。

Img_0838

Img_0840
【写真】正面から。

Img_0843
【写真】横後ろから。2つのボールの存在を確認するためで別にやましい意味はなし。

みんあは男性の象徴を無関心な振りをしていたがたが、横目でチラチラと見ていたはずだ。絶対にそうだ、君たちは私のように素直であるべきだ。

Img_0846
【写真】Jl.Monkey ForestのCafe Wayanの道路をはさんで前のレストランでのどが渇いていたのでMilk Shakes(チョコレートとストロベリー)を頂く。


Img_0852
【写真】帰り道に「写真はちょっと勘弁してくれよ」みたいな感じでポーズをとるキュートな青年。このあとハグをしてお別れ。

このあと、車が迎えにくるJl. Cok PutaとJl.Hanomanの待ち合わせ場所に20:00に到着。アナハタリゾートへは20:15ごろ到着。

Img_0854

Img_0856

【写真】夕食は19:30のスタートだったのでそろそろデザートが登場しそうな雰囲気であった。テーブル億には本日到着したゴビンダ先生の姿が。

この後、皆で私の撮影した「男性の象徴」シリーズをみて楽しむ。

Img_0858
【写真】夕食のあとは「One Giant Live」というムービーをみる。これ面白い。絶対にお薦め。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

April 8, 2006 in Vibrant Living YTT 2006@バリ |