« バリ10日目(3/20)はヨガジャヤのパトリックが合流 | Main | バリ12日目(3/22)はインディアンミュージックコンサート »

バリヨガ11日目(3/21)はインドからスワミジが合流。

6:00-7:00は瞑想。
7:00-10:00はFreestyle Hatha。シャバアサナ、カパラバティ、サンサルテーション×20等をやった後は、スタンディングポスチャー(ウオーリアー1、2,3にトリコアサナ)の解説。

Img_0478
【写真】右端のオーストリア人でモロッコとオーストリアの橋渡し的なことをしているマークストはパトリックの力強いスタイルがたいそう気に入ったみたい。

Img_0480

Img_0481

Img_0482

Img_0483

Img_0484

Img_0485
【写真】昨日に引き続き、パトリックの熱血解説で予定より20分オーバーの10:20より朝食。横姿はオーストラリア人のソニアで後姿は私と同室のキャメロン。キャメロンの英語はかなりのオーストラリア(パース)なまり。


Img_0487
【写真】11:20より講義。自分のパトリックのヨガ哲学についてまたしても熱く語る。F●CKという言葉を連発するOshoの講話のテープで、皆大笑い。パトリックのヨガに対する思いやり、感謝、コミットメントはとても印象深い。


Img_0489
【写真】13:20からはランチ。


Img_0491
【写真】Wheat beny sprouts&Lentil


Img_0493
【写真】Arugula&beetroot with peeled alomonds

Img_0492
【写真】lettuce burritos

Img_0499
【写真】バリニーズのマークスト。ダニエルにTT開催を提案した人。

Img_0500
【写真】今回のTTの世話係、ガブリエル。ご面倒かけます!


このあと、WBCでの日本優勝にニュースを知る。おめでとう!日本にいなくてもちょっと興奮した野球ファンの私。


Img_0502
【写真】15:00-16:00はSkyの師匠PeterによるVedasのクラス。慈愛に満ちている話し振りにちょっと涙がでそうになる。この手の話は日本語で聞いたとしても理解できるかどうか微妙なので、英語での解説なので理解度低め。案の定この後、今週特別参加しているオーストラリア人でフライトアテンダントとして週2回シドニー-関西空港を往復しているルーと話したら、「私も20%くらいしかわかってないわよ」みたいな話をしていたのでそんなもんかと思う。


Img_0504
【写真】16:30-18:00はAYAさんのアイアンガーヨガ。


18:00-はディナー。


Img_0513

Img_0512
【写真】Cougetti Al Dentie。ローフードのパスタは確かにアルデンテの食感。

Img_0515
【写真】Pumpkin&tahini Soup。パンプキンスープうまい。

Img_0523
【写真】デザート

Img_0525

Img_0526
【写真】20:00-からは「The Origin of yoga」というムービー。これお薦め。このあとバイロン・ケィティのLoving what isのムービーも見る。これも面白かったわけが、いわゆる禅問答みたいなものなので途中で眠ってしまった。

それにしても東京という都会に住みながら変革的・尖端的なヨガスタイルを追及しているパトリックと、「The Origin of yoga」に登場するインドの山奥で保守的・伝統的なヨガの生活をしている顔に白いペイントしたヨガ仙人は対照的だ。

自分はどちらの振り子に傾いているのだろうか?と一瞬考えたが、たぶんどちらにも傾いていないしこれからも傾かないだろうなー。一人一人に自分のスタイルっていうのがあるのがヨガだから。

でも中途半端なのは一番いやなので思いっきり尖がっていたい、っていうのだけはいえる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

March 30, 2006 in Vibrant Living YTT 2006@バリ |