« 4月・5月 代行のお知らせ | トップページ | 富山 Leaf yoga WS (1) »

あれやこれや

久々の更新です。何を書くかすっかり忘れてしまいました。
1度書き損じるくらいなら大丈夫ですが、2度3度とタイミングを逃すと(サボると)もうイイや〜ってズルズル気分になりがちでいけませんね。

あっ、水着ヨガVol.5が更新されているようです。いつもHarryがマメにチェックしてくれて、彼のブログから逆に教えられる始末。反省。(ありがと♪Harry)

最近、Lotusで矢落かおりさんと仲良しになりました。お名前と卓越したインストの評判だけはガッツリ知っていたのですが、直接ナマ矢落さんにはお会いしたことありませんでした。実に豪快でおもろい人で明快な意見の持ち主です。

リアルで正直ですかしてない人っていいですね。そんな人と話していると目の前がクリアになります。もう1人そんな女性と出会いました。先日Lotusの上にあるオーガニックカフェ、ハスハチで『Yogini』打ち上げみたいなパーティがあり、横浜でBMY(Body&Mind Yoga)を主宰してらっしゃる峯岸道子さんを紹介していただきました。『Yogini』前号でも大きく取り上げられている峯岸先生。大病を経験されただけあってリアルです。ムチャ自然体で深く素敵な女性です。そしてとっても正直な人間です。意気投合して話し込んじゃいました。

ヨガウェア欧州ブランドのeasyoga。今までのプレミアティーチャーズから、このたびゴールドプレミアティーチャーズというものにしていただきました。ゴールドですって(笑)。光栄です。というわけで、今まで以上にeasyogaをヨロシクお願いします。マジ購入を考えてらっしゃる方には紹介カードをお渡しします。メンバー登録していただいた後、紹介者欄に私の名前があれば初回購入より5%OFFです。冗談抜きでeasyogaの商品はホントに良いです。モノが違うとヒシヒシ感じます。

先日、TYG(tokyo-yoga)神プラのマネージャー、かずみママから呼びつけられて、出向いた場所が東京メトロの表参道地下にあるEchikaのフードコート広場。週に1〜2度あそこの横を通っていましたが、なんだか仕事帰りに一杯ひっかけるニューヨーカー気取りのニッポン人が集ってる店ってイメージです。地方出身者の私は「けっ!」っていつも素通りしてたのですが、実は入ってみたかった場所。かずみママがデビューをさせてくれました。遅刻して駆けつけてみると、そこにはニューヨーカーのフリしてビールを飲んでるchamaさん&クールなディナーを食べてるかずみさん。この2人が揃って待ち受けている時は要注意です。ヘラヘラニコニコと話を進めて血判押すまで帰らせてくれません。精一杯SATCのキャシー風に振る舞ってみましたが、クロワッサン1個に400円払ってしまった衝撃と後悔で頭がボ〜っとしてきて、気づいた時はテーブルが血だらけになってました。

ノーと言えないニッポン人の私ですが、さすがに実力不足で自信ないから無理っす!とお断りする場合もあります。

「ヨガ日光 2009」で、ショーンコーンの通訳。ビンヤサヨガをする者のミューズSeane Cornには会いたいけれど、お近づきになりたいけれど、やっぱ無理です。悩んだ挙げ句にお断りしました。どう考えてもこの通訳は分不相応です。

OM yogaのTTCの通訳。そうです、あのシンディー・リーです。シンディー率いるOM ヨガセンターのTTCが9月(&2010年3月)に開催されます。全20日間@荻窪のIYCミュージアム。全米ヨガアライアンス200時間取得可能なやつです。シンディの通訳は、昨年9月の3日間集中WSで1度体験しました。とんだヘッポコぶりで反省しきりの通訳でしたが、どういうわけかシンディから再度のご指名が入りました。大御所というのは人の縁を大切にしてチャンスを与えてくれる太っ腹のようです。でも今回の本格的なTTCは私の英語力ではいくら何でも無理です。時間的な問題もあります。恐縮至極の思いを抱きながら丁重にギブさせていただきました。今回は時間が許す限りアシスタントにまわります。OMヨガセンターのヨガ&シンディの指導は至宝です。ビンヤサヨガをやる人で、興味があり条件が許す人はぜひぜひ受講をお勧めします。

こうした「ヨガ通訳」への考えは、SAKURA YOGA主宰の渡瀬ひとみさんから大きく影響を受けました。ヨガの通訳をする場合、「その分野の専門知識 Vs .総合的な英語力」どちらが大切か?という疑問に、ひとみさんはアッサリと「総合的な英語力の方が大切」と答えてくれました。もちろん全くのヨガ未経験者では話になりません。しかし今の時代、通訳のスペシャリストにもヨガを趣味に続けている人がゴマンといます。まして実際にオファーがかかれば、プロの通訳者は、資料となる著作を読み、DVDを観て・・・まぁその程度は私もしますが、それに加えて彼ら彼女らは短期間にものすごいボリュームのリサーチ予習をします。にわかビンヤサヨガ・マニアになる程度はお手のものです。やはり一番大切なのは本物の英語力そのものズバリだと言われました。そして特殊訓練を受けてないと、毎日が長時間にわたる5日以上の講座に向けての集中力は続かないそうです。現にそれだけの期間の講座になると、受講料も高額になり受講者の期待値もグンとupします。そのニーズに応えるだけの英語力がないと受講者にも失礼だと言われたらグーの音も出ません。今までの日本では、招聘したスタジオ内の関係者で英語が得意な人が抜擢されて、なかば手弁当スタイルでやってきました。ひとみさん曰く、これからはヨガに特化した英語のプロをしっかり育て、収入面を含めそうしたヨガ通訳者の立場を保障するような業界の新しいシステムを作っていく必要があると。もう1から10まで納得、共感しまくりの意見でした。

もちろんこれからも私の英語力でお役に立てそうな仕事は引き受けていくつもりです。しかし私もあと少しで50代に手が届きます。残された人生、通訳者ではなくヨガティーチャーとして自分が学ぶべきことと伝え残すことに集中して、自分の守備範囲内の総まとめ作業に時間を費やしていきたいな、なんて。ヨガティーチャーとしての老後に向けて、自分と家族の生活も守っていかなければいけません。お金貯めないと・・・。

このところクラスでも「全身の気のバランス」「マインドフルネス」とか言いまくってますが、本当にそれって大切というか、それだけで私はイイじゃんと思えるようになりました。何か特別にすごいことができなくても、自分の心身がしっくり心地よくおさまってる状態って、それだけでメチャクチャ幸せでスゴいことだと思います。それを目指してます。そうなりたいです。超ド級に痛いことや悲しいことやツライことが起こっても、身体が思うようにならなくなっても、その時点で残された心身になにがしかの居心地の良さを見出せるような、そして自分のことでイッパイ2な状況においても他人のことに思いを馳せられるような心身のスペースを持てる人間になりたいなぁと。その方法手段としてヨガを据えてます。平均より優れた可動域のある関節なんか要りません。早く走れなくてもいい、たくさん曲がらなくてもいい。そんな特別に優れたレンジがあるなら、その飛び抜けた部分は誰か他の人にあげたい。たとえば足腰が不自由になった母に。普通に生きていける、これだけで何て幸せなんだろうと思います。そして、この幸せは同時にとても儚いものです。その儚さに向き合っていける精神力が欲しいんです。

ホント、全ては儚いですよね。
ニャンコをみてても、つくづく。はかないニャ〜と。愛おしいモノは余計に儚さが身にしみます。切ないです。

だからこそ同時にアレもコレも欲張って、結局は目の前の物事をやっつけ仕事モードでやっていてはモッタイナイんです。目的意識をもって集中して堪能しまくらないと。全ては儚いからこそ、全てにマインドフルネスなんです。

てなわけで今週末はいよいよ富山WSです。

4月 3, 2009 ヨガ(あるいはヨガ的なもの) |

コメント

ACO先生  お久しぶりです!!
大阪のまきです。 わかりますか?^^
まきって結構いますよね。。笑

やっぱり私あこ先生すきです!

なんかかっこつけづに おぉほんまや。。。ってなります。

五月から東京に行きます^^
こんな私が人妻になります。
なので今度は江坂ではなく 東京でレッスン受けに行かせてもらいます

またひつこく犬がしっぽふって飼い主にくんくん
するみたいに先生に質問攻め 愛光線送らせて頂きます。
よろしくおねがいします^^

投稿: まき | 2009/04/03 15:55:35

まきちゃん、おめでとうございます♪
きゃぁ〜〜!!お祝いしないとね〜☆

これからは東京で一緒にヨガれるのですね。
嬉しいデス。クンクン寄ってきてくれる まきちゃんは私にとって本当に心強く、支えと励ましと元気をもらえる大切な大切な存在です。

投稿: ACO | 2009/04/03 18:41:49

久しぶりです☆
なんだかすっごい話題盛りだくさんですね。良く本で見かけるお名前ばかりでてくるし。さすがACOさん!
シンディーのTTCはまだまだ私には条件きついし。ヨガ日光もめっちゃ楽しそうだけど日程が厳しい。ショーン・コーンにもめっちゃ会いたい(ミーハーなだけだったり・・・笑)ACOさんの大阪でのWSも行きたかったんだけど。。。
あれもこれも行きたいけど行けないもどかしさ。そういう風向きじゃないのよ~と自分に言い聞かせてるこの頃です。にしてもあれこれ欲望ってきりないですね(笑)

気持ちを切り替えて。今の自分の状況を~ちっさなちっさな幸せやそーでもないこともすべて堪能しまくろう♪
ほんと儚いからマインドフルネスなんですね!

投稿: miwa☆ | 2009/04/04 2:09:04

miwa☆さん、お久しぶりです♪ コメントありがとうございます。
ショーン・コーンに会いたい、せめてナマで見たい(笑い)。むっちゃ分かります! 私もそうです。

WSやましてTTは、受けてみれば、その後の自分のヨガに一生影響するような珠玉の教えが必ず1つ2つあるもの。条件が許せば参加したいですよね。でもたまに受けるからこそ、その教えが響くというもの。全部行ってたら麻痺しちゃいそうです。
「そういう風向きじゃない」と考えるmiwa☆さん、偉いです。

お互い身近にある小っちゃな幸せを大きな幸せと捉えて堪能しまくりましょ〜♪

投稿: ACO | 2009/04/04 10:37:48

ACOさん、
通訳について書かれている部分、真剣に読んじゃいました。
(他の部分もちゃんと読んでますけど~)
ちょうど今月末に45時間の集中講座の通訳をするので、
気の引き締まる思いです。
私はある先生に「私のエネルギー・レベルにもっと合わせて」
と言われました。
以来、それが最大の課題であり続けています。
自分の殻を破って、先生を演じきる役者にならなければ
いけないのだと思います。それが難しい…
でも、マインドフルに頑張ります♪

投稿: katya | 2009/04/04 15:16:03

日光ヨガ!すばらしい企画ですね~
最近は、リトリートをリゾート地などで開催することが増えましたね!数日間ヨギ達と侵食友にしてヨガ漬け。すごくいい企画だと思います!妹とあるリゾート地でのリトリートを行こうと話してたところですが、日光もすごく魅力的!!徳川家のパワーをもらえそうですね。行ってみようかな~

>「その分野の専門知識 Vs .総合的な英語力」どちらが大切

これは、翻訳・通訳ともにどの分野でも大きな課題ですよね。
通訳は本当に特殊技術だから、相当の時間とお金を訓練に投資しないといけないし、向き不向きもあるから、それも見極めないといけないし・・
ACOさんはやはりヨガを追及していく人なので、ACOさんの選択は正解だと思います!ACOさんはヨガのスペシャリストなんですから。

投稿: oyazu | 2009/04/05 2:32:22

katyaさん、知ってますよ〜。今ではサンムンでもkatyaさんは無くてはならない我々の心強い通訳です。katyaさんのように通訳の経験豊富なスペシャリストに読んでもらい、あちゃ〜!って恥ずかしいです。
相手のエネルギーレベルに合わすって通訳の究極ですよね。すごく大変だけど最高のことだと思います。そんな努力をしているkatyaさん、ますます尊敬です☆

投稿: ACO | 2009/04/07 0:40:34

oyazuさんにそう言ってもらえて、自分の考えに心強い後押しをしてもらえたようで嬉しいデス。

oyazuさんがやる翻訳の世界でもプロゆえの苦労があれこれあるのでしょうね。また英語のことで悩んだら相談にのってください。

ヨガリトリート、ぜひぜひ行ってみてください。日光のは講師陣の顔ぶれをみても内容がすごく充実してそう☆

投稿: ACO | 2009/04/07 0:44:09

そうですそうです!
きっとプロの通訳さんは、ACOさんが今までヨガに費やしてきた時間を労力と同じくらい語学に費やしてきたに違いませんしね。

アタシはまだプロとは言えないけど・・
でも、中途半端にだけはならないようにしたいなと。

>侵食友にして

寝食・・・^^;

いつかACOさんのリトリート@リゾート地キボー!
今、台湾に出張中なので、今度お土産もって行きますね!

投稿: oyazu | 2009/04/08 2:15:22

oyazuさん、ホントそうですね。
ただ今までのヨガ通訳者にそのような人は存在していなかったのですよ。せいぜい帰国子女でヨガやって5年未満とか。だからこそ渡瀬ひとみサンのようなプロ通訳者が「ヨガ通訳の世界、それじゃイカン!」と一石を投じてくれてるわけです。これからは変わると思います。

台湾!イイですね〜。楽しんでください。
またお会いできるのを楽しみにしてます☆

投稿: ACO | 2009/04/08 2:23:27

 お疲れ様です。4.3からUTLに通わさせていただいております。第一回目の座学から「物事はすべからく陰と陽のバランスなのでは…」と早くも目から鱗が落ちております。
 「全身の気のバランス」… まだまだそこまで考えられるレベルではありませんが、すでに学ばせていただけてよかったと思っております。これからも楽しみです。

投稿: イタチ | 2009/04/08 23:20:45

イタチさん、とうとう始まったのですね!
思慮深き経験豊かなイタチさんなら、座学でも学ばれるところ、人一倍どころか何倍もガッツリ深いものだと思われます。

いつかUTLでバッタリ会いそうですね。
再会を楽しみにしてます☆

投稿: ACO | 2009/04/08 23:56:29

この記事へのコメントは終了しました。