« terakoya WS 6月終了&7月のお知らせ | トップページ | おかえり〜 ユキ奴♪ »

長谷川智先生の集中講座 第3回終了

東銀座terakoyaで自分のWSを終えてから、東日本橋Lotus8へダッシュ移動。

長谷川先生の集中講座第3回のテーマは「頭蓋骨」でした。

第1回が骨盤ボックス、第2回が胸郭ボックス、そして第3回に頭蓋骨ボックスと、長谷川式の骨ヨガ基礎理論における3つのボックスがこれで勢揃い。

今回も日常における身体の使い方から〜特定ポーズへの具体的ヒントまで盛りだくさん。

圧巻だったのは最後の何でも質問コーナー。
「マリーチの捻りCで無理なアジャストを受けて痛くて困っている」という男性受講者からの質問に対しての場面でした。

どんなポーズでどんなアジャストを受けたのか実際に再現させた後、「ならば、こうしてみては?」と質問者に手取り足取り。

こんな風に引っ張られたら〜〜その力を利用して自分の方はこちらに折り畳んで(骨体操式!)〜〜ここで身体のこの部分の中身を上手に崩して(井桁式!)〜〜フムフム〜〜

すると質問者の男性は、痛みもなく生まれて初めて両手を簡単に繋げてしまいました!

キツメのアジャストメントを頭ごなしに否定するわけでもなく、かといってソレに黙って身を任すわけでもなく、相手から受ける力を上手に利用して、もう一枚上手(うわて)の身体内操作をコッソリ使い、見事に目的を果たすーーー日本古来の武術的アプローチが、マリーチCのアジャストへの対応になるなんて!すごっ!

受講者の中には、先生が主催する「湧気行」に興味をおぼえる人も増えてきたようで、次回の滝行に行ってみたいと申し込みされる姿もチラホラ。

湧気行の詳細はコチラから。

長谷川先生が師事されていた故.佐藤美知子先生の書籍も湧気行HPに出ています。
代表作『瞑想の妙宝』佐藤美知子

Photo
 

6月 9, 2008 ヨガ(あるいはヨガ的なもの) |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。