« 第4回 terakoya WS終了 | トップページ | terakoya WSの様子 »

肉食への道

昨年一発目のブログで立てた目標というか願いの中に
「またお肉を食べれるようにする。せめてチキンから」
というのがあったが、遂に叶わずで07年は終了。

意志をもって肉断ちをしているわけではなく、4年程前から突然身体の方がお肉を受けつけなくなってしまった。吐き気、消化不良、蕁麻疹etc.

でもたかだか数年前は牛角や吉野屋へ行っていたのだから、また元の身体に戻すのだって可能だと思う。

仲間に「美味しそうだね〜。アレ食べてみない?」「こんなの作ってみたの。ぜひ食べてみて!」と誘われて、快く一緒に楽しんで食事をしてみたい。

なによりも食は家族の絆を繋いだり修復するパワーをもつ。

少なくとも私の場合、今のままじゃ残りの人生、食にまつわる人間関係はハッピーエンドにならない。ヨガ友とベジレストランへ行ってるだけじゃ世界は完結しない。このままじゃ不便でやっていられないのだ。

どうしても私がこだわってしまうのは、自分の身体が必要とするエネルギーと、摂取する食物がもつ生命エネルギーのようなもののバランス。たいしてエネルギーを消費していない生活なのに、肝や卵巣などといった他の生き物の強い生命エネルギーを不要に取ってしまうのだけは抵抗がある。自然を相手にした肉体労働ならともかく、都会生活でそんなものを消化させるのはいかにも身体に負担がかかるような気がする。

でもそんなこだわりさえも、ベジタリアンやマクロビやローフードのこだわりと変わらないのかもしれない。価値観なんて人によって千差万別だ。

別に無理して食べることはないけれど、いざ食べようと思えば平気で何でも食べられる身体に戻したい。

今日ランチをしていて、近くのテーブルに座った家族が仲良くドラムスティックのチキンをほおばっている姿をみて、「旨そう〜!」と思えた。今がチャンスかも。

今年こそお肉OKでっせ!を叶えてみたい。
明日から練習(笑)開始。ドキドキ・・・。


p.s. ヨガヨムとmixiのプロフ写真を変えてみた。
  ニルヴァーナ風に加工したつもりだけど、怖いと悪評・・・

1月 16, 2008 未分類 |

コメント

自然に身体が受け付けないのなら、それはそれでいいのではないでしょうかね~。

確かに社会生活上、いろいろと不便な点はあるかもしれませんが、「そうしなければならない」と思うことはすべて「こだわり」になってしまうので。

もっと自由に、あるがままでいいと思いますよ。^ ^

投稿: こーいちろー | 2008/01/16 9:38:40

どんな練習するのか、ギザ気になります。
急に受け付けなくなることやっぱりあるのね。。。
私の場合、多少肉を受け付けないくらいにしておかないと
ギラメラしすぎちゃうので控えてます・・・(笑)

投稿: Taico | 2008/01/16 9:40:55

私の場合は・・屋久島旅行から戻ったときにお肉食べれない、カラダが受け付けない!やったー、チャンス!・・・と思ったのに、すっかりもとに戻ってしまいました(苦笑)。

“食は家族の絆を繋いだり修復するパワーをもつ”と、私もそう思います。恋愛においても、私の場合は『食』は非常ーーーーに大事。なので食事の嗜好が合わない人とは、他のものが(!)合わない以上に「ダメかもしれないー」としょんぼりしてしまいます。

あ、また長くなってしまった。
今年はいつか・・・ACOさんとチキン食べに行きたいです!
or..私がベジになっていたりして~(それはないか・・・)

投稿: norimix | 2008/01/16 9:45:50

アレルギーでないのなら、そのうちなんとかなるでしょ(^^)v

投稿: Harry | 2008/01/16 10:26:13

友達も以前は体が肉を受け付けなかったのに、
ある頃から食べられるようになったから、きっと大丈夫!
肉が食べられないと、食の楽しみも半減しますよ。
食べられるようになったら、焼肉でお祝いしましょう!

投稿: トロの母 | 2008/01/16 11:17:21

きっとそのコダワリが消えたら食べられる日がきますよ。
(体と精神がつながっているから、と私は思うのですが)
個人的に、「朝引き鶏ささみの刺身」がお勧めデース。


投稿: AKI | 2008/01/16 12:26:18

初めて書かせていただきます。先日、某有名TV番組で、ノロウィルスに感染しないためには肉を食べろ。特に豚肉が良いと言っていました。(いきなり豚はキツイでしょうが)
それで、お正月のACO先生のブログを思い出しました。菜食が原因で、というわけでもないでしょうが、色々な物を普通に食べられる方が健康的なのでは・・・と思いましたので、今日のブログを応援します!

投稿: Tomoko | 2008/01/16 18:00:36

こーいちろーさん、
>「そうしなければならない」と思うことはすべて「こだわり」に
>なってしまうので。

まさに。確かにその通りなんですよね。分かっちゃいるんですが。

こと、お肉の食事に関しては、「あるがまま」であることが必ずしも単純に「自由」であるとはどうしても感じられない私。どこかおかしいのでしょうか。

投稿: ACO | 2008/01/16 21:05:30

Taicoさん、ギザ気になりますか?
今夜は
(1)豚汁→豚肉のダシ脂しみこんだお汁はまぁ問題ナシ。でも具に入ってた豚小間はやっぱりギブ。
(2)ポテトサラダに細かく刻んだハムを少し入れました。箸が自然にハムを避けてましたが、それでもお芋にからんだハム小片の何枚かは口に入ってきました。味はマヨドレにごまかされて全然分からず大丈夫でした☆

んで 今、めっちゃ胃もたれしてますが、これは食後にデザートとして間髪おかず食べた特大サイズの大福餅のせいだと思います。笑

投稿: ACO | 2008/01/16 21:15:42

norimixさん、長いコメント大歓迎ですよ☆
人との繋がりに対して「食」がもつチカラ。似たような考えを知れてホッとしました。ひどいケンカしても、他の部分で考えが合わなくても、同じ料理を同じお皿から一緒に食べて「美味しいね、幸せだね」と感じ合うだけで何もかもがOK♪となる瞬間、日常にはたくさんありますよね。今年中には一緒にチキンかぶりつきましょう!

投稿: ACO | 2008/01/16 21:25:23

Harry、だよね〜。世の中には(特に最近の子供!)アレルギーで困っている人も多いというのに。なんて贅沢な私のアホな悩み。
大地震後の避難所で配給されるお弁当も完食できないと(笑)。

投稿: ACO | 2008/01/16 21:28:21

トロの母さん、やはりお友達もOKになりましたか!?
以前、オリビア・ハッセーが布施明と結婚した時(古っ!)、彼女はインドにかぶれてて披露宴の食事も全てベジと報道されてました。ところが昨年「マザーテレサ」主演のプロモーションで来日したオリビア、東京でしゃぶしゃぶを美味しそうにパクついてる姿がTV画面に(笑)。それを観て勇気をもらった私です。その日がきた暁には焼き肉パーティ決行してくださいね☆

投稿: ACO | 2008/01/16 21:33:47

AKIさん、コダワリかぁ。そうですね。コダワリを消す方法、何かドラスティックな出来事が必要なのか、少しずつ考えを柔軟にしていけばイイのか、どーなんでしょーね。他のモノに関してはコダワリ少なく生きてるつもりなのに、食といった最も基本的なことにアタフタしてる自分が情けない、お恥ずかしい話です。

ささみ!ちょっとサイズが大きいのでハードル高いなぁ。笑
ヘルシーか否かは全然気にしません(おいおい!)。とりあえずそのブツの大きさに抵抗感が(子供かいっ!)。
でも「朝引き鶏ささみの刺身」気になります。今度レシピを教えてくださいね☆

投稿: ACO | 2008/01/16 21:46:18

Tomokoさん、正月ブログも読んでいただき、ご心配していただき、そして初コメントありがとーございます!

色々な物を「普通に」食べられるのが一番健康的ーーーまさにそう思います!そう思ったからこそ肉食への道スタート宣言です。笑

沖縄料理ブームの頃から豚肉の効果は色々と紹介されてますね。
豚肉がキツイってことはありません。鶏でも牛でも豚でもOKになりたい思ってます。さすがに牛だけは「私は干支が牛だし、牛はインドで神様だし、狂牛病は神からの啓示」なんてホザイてた時もあったけど。それも今は全く関係なしデス。いつの日か牛肉のステーキにフォークとナイフを入れてる我が身を夢みてます。

それしか食べるものがない土地にウルルン滞在したら、こんな事をゴチャゴチャ言ってるより手っ取り早いかもしれませんね。爆

投稿: ACO | 2008/01/16 21:58:04

ACOさん、
このごろ思うのですよ。コダワリが不自由を生んで気づかぬうちに自分を狭くさせる・・・と。それと同じかなと。な~んにもこだわらずにACOさんがヨガを私たちにいつもレッスンで教えてくださるように、筋肉の緊張や、陰ヨガの末端はまったく関係なし、なんていう感じで、野菜も肉も、肉にとらわれずに生活すればいいことだと思います~。あ!肉入ってたぜ、くらいで。肉にフォーカスしない。

朝引きささみの刺身、食べたことないんですね!超うまいですよ。一本まるごとは食べません。一口サイズに削ぎ切りしますよん。鶏肉屋だとその新鮮なささみが売ってるんですよ~。
ただただ、それを斜めにカットしてしょうゆ&わさびで刺身を食べるように食べるだけです。気になるようなら、ザルの上から熱湯をかけて表面を白くするだけでもOKです。すげ~美味いでっせ~。

投稿: AKI | 2008/01/16 22:31:44

AKIさん、早速のレスありがとーございます。
朝引きささみって料理の名前じゃないんですね。そんなことすら知らないオバカな私(恥)。
今の私には一口サイズの削ぎ切りすらあり得ない大きさですが(笑)。ささみの刺身を醤油&わさびで食べるーーー昔は食べたことあります。ってか好きでした。ならば、また好きになれると思います!

>肉にフォーカスしない。
ああっ!イイ言葉ですね。筋肉にフォーカスしない骨ヨガの心意気で、いや違うってか?ww

投稿: ACO | 2008/01/17 0:02:07

Acoさん 私も単に体中痒くなるのがいやで肉をさけて
いたのですが、昨日偶然、実家の残りの豚汁挑戦しました。豚肉のダシ脂しみこんだお汁はまぁ問題ナシと思ったのですが、私はお腹を下してしまいました(泣)
数年前は週2の焼き肉も平気だったはずなので
そんなに敏感な体ではなかったはずなのですが、
これって精神的なものなのかなんなのか、不思議でたまりません。今年はアレルギー検査を受けてみようと思ってますが、今度チキンをほおばるときは私も参加したいです。

投稿: Reiko | 2008/01/17 0:39:15

Reikoちゃんは身体が痒くなるんだからアレルギーかもよ。

検査して大丈夫だったら、08忘年会はぜひ一緒に肉三昧で(笑)。ローフードはじめ食育の知識も豊富なのに、誰よりもオープンハートなReikoちゃん、一生ついていきやす♪

投稿: ACO | 2008/01/17 1:22:18

aco先生、おしさしぶりっす!あいかわらず先生の記事はいいなぁ。食べ物のパワー、ありますあります。
そうなんですよね。やっぱり、衣食住が基本ですから。我が家でも食はとっても大事なポイント。でも、沖縄に来て、千葉のときよりかは少し不便さもありますが、よく考えると、日本酒に焼酎、お酒大好き。ホルモンや卵系の珍味のような偏った食品ばかり好きな主人が痛風になったのも、なるべくしてなったというか、食生活を見直すためにこうなったのかも。。って思います。そして、それがacoさんの記事にかかれていてビックリしました。
なんでもバランスですねぇ。バランス崩れてても気がつけない人もたくさん居る世の中。気がつくチャンスをもらうっていうのは素晴らしいこと!ACOさんが肉にも挑戦したい!と思うなら、身体も少しそのエネルギーと温かいパワーをもとめているのかも。
応援してます。でも、失敗しても焦らず、ゆっくりと。
自分が体の声に気がついているのだから大丈夫です!エラソうにすんませんです!

投稿: akinasu | 2008/01/17 12:15:11

akinasuさん、いつも元気が出るようなコメントありがとうございます。
そう!我らビバ.通風旦那持ちユニット!(爆)

>身体も少しそのエネルギーと温かいパワーをもとめている

嬉しい言葉☆そう思っていいんですよね。昨年からお肉に挑戦したいと思っていたんです。周囲の意見は賛否両論ですが、akinasuさんのアドバイスに従って、焦らずマイペースでやってみます。

投稿: ACO | 2008/01/17 17:26:37

>こと、お肉の食事に関しては、「あるがまま」であることが必ずしも単純に「自由」であるとはどうしても感じられない私。どこかおかしいのでしょうか。

それは何か隠された信念があるんでしょうね。意識の探究の余地がありますね。気づきを得て、ゴミ出しするとスッキリしますよ~。^ ^

投稿: こーいちろー | 2008/01/18 0:51:46

こーいちろーさん、嗚呼こりゃまた痛い所をずっぽし突かれてしまいました。笑
原因はもう数年来の懸案であり、かな気づいているんですけど・・・どーしても折り合いつけられないって事は、まだ本当の気づきまで至っていないのでしょう。爆

投稿: ACO | 2008/01/18 1:18:06

畜産学科卒でございます。
畜産農家のためにも国内産の消費をお願いします。

といいつつ、私も一時期肉魚を受け付けませんでした。
蕁麻疹まではいかないけど、もたれて気持ち悪くなってましたね。
卵は大丈夫だったなぁ。

今は焼き肉屋でガッツリいける身体になりました♪

投稿: Hatuki | 2008/01/18 7:41:10

Hatukiさん、
>畜産学科卒でございます。
ええっっっ!?!?
そーゆー意外性がまたカッチョいい♪

Hatukiさんも肉食出戻り達成組なのですね。
そのような事例報告は大変に勇気づけられます。
私も肉食出戻り達成できた暁には、心して国内産の消費につとめます!

投稿: ACO | 2008/01/18 14:10:20

この記事へのコメントは終了しました。