« 今日のSun&Moon | トップページ | G原宿クラス 訂正とお詫び »

師の旅立ち

心の師といえる人が二ヶ月前に亡くなっていた。

トレーナー業界ではカリスマ的存在だった松本義光先生。まだ私と同い年ではなかっただろうか?

松本先生にパーソナルトレーナーをお願いして、今の私の身体を作ってもらった。
「大きな筋肉はいらない。ヨガのパフォーマンスレベルが向上するように。見た目もヨギーニらしい身体に」という素人のワガママをちゃんと叶えてくれた。

その後、先生の「身体調律」レッスンを受けて身体の使い方というものを学び直し、これによって私のヨガ論が大きく変わった。

しかし次なる段階で、この身体調律法を体現して理解するのには「空手が一番分かりやすいだろう」という先生の誘いで、生まれて初めて空手の手ほどきを受けて・・・これには手こずってしまった。辛い。厳しい。痛い。怖い。身体調律で習ったことを思い出す余裕など全くないまま、ガタガタに疲労困憊した身体は青アザだらけ。先生の指導は受けたいけど、空手の厳しい練習はどうしても好きになれず・・・このあたりから自然と先生のレッスンから足が遠のき、先生の方もホームグラウンドにしていたジムを変えたり結婚されたりして、いつの間にかすっかり先生とは疎遠になってしまっていた。

そして今年のGW。毎年、講師として松本先生も名を連ねていた「フィットネスセッション」。今年も松本先生のコーナーは開設されているが、肝心の先生本人の姿が見えない。先生は既に3月に亡くなっていた。このフィットネスセッションに参加して事実を知った友人が、大慌てで私に教えてくれた。

11月にガンで余命2ヶ月の宣告を受けたにもかかわらず、抗ガン剤や鎮痛剤の投与を拒み、自分の身体と心を克明にみつめガンに闘いを挑み打ち勝とうとした壮絶な数ヶ月。最期も自宅で奥さまにみとられて息を引き取られたそうだ。まったく常人離れした先生らしい。


生前、先生はブログでも詳しく身体理論を展開していた。

そのブログの中で、まだ医師からガンの宣告を受ける以前、10月25日の日記には尋常ではない体調不良を訴えている。

いよいよ余命の宣告を受けてから書いた1月23日の日記には、「身体の専門家」として、自分の身体を蝕むガン細胞に宣戦布告しようとする先生の驚嘆すべき覚悟が述べられていた。

そして先生ご自身が書かれた日記は1月30日が最後。

3月になって先生がお亡くなりになったことを、奥さまが短い言葉で報告されていた。

実際にどのような闘病生活であったかは、奥さまのブログに詳しく綴られている。現在は先生の意志を受け継ぎ、奥さまが指導者となり様々な活動を復活され始めているようだ。


ボディーワークの世界で間違いなく貴重な財産となる松本義光先生の「身体調律法」をはじめとする身体理論とアプローチ。先生のブログが残されているうちに、一人でも多くの方に読んでいただきたいと思います。

松本先生、もっともっとご指導いただきたかった。心からご冥福をお祈りします。

5月 14, 2007 ヨガ(あるいはヨガ的なもの)未分類 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師の旅立ち:

» ACO先生の心の師匠 トラックバック @ヨガ|@YOGA
■師の旅立ち(By ACOYOGA) 続きを読む

受信: 2007/05/16 10:15:29

コメント

人間、悟りを開くとここまで強くなれるんでしょうか?
余命2ヶ月って言われたら、私は何を思うだろうと考えてしまいました。

投稿: トロの母 | 2007/05/14 8:46:00

トロの母さん、早速読んでいただき有難うございます。

自分の身が極限状態に陥った時にも、常日頃 生徒に説いていた事を貫き通したーーー真の人間力をもった人を師と仰げて幸せでした。

でも家族はたまりませんね。実はこの奥さまも生徒仲間(私よりは大先輩の生徒ですが)。心から尊敬できる師匠の妻となった女性として、奥さまの生き方も素晴らしいと思います。

投稿: ACO | 2007/05/14 14:50:04

読みました。
熱くなりました。
松本義光先生の事は全く知らない私ですがこのblogを読むことができてよかったです。
ACOさんにも感謝です。

投稿: taeko | 2007/05/15 0:48:33

taekoさん、ありがとうございます。
ヤマ・ニヤマの「ブラフマチャリヤ」(節度をわきまえる)からは程遠いんですが・・・。自慢の自慢の先生でした。

投稿: ACO | 2007/05/15 1:24:55

松本先生のブログの読者でした。私も一度指導を受けてみたかった。。。心よりご冥福をお祈りします。

投稿: @YOGA | 2007/05/15 14:47:29

@YOGA棟梁、ってことは私よりも先に、先生が病気されていたことを知っていたのですか!?

2冊ほど本にまとめられるほどのblogですよね!

投稿: ACO | 2007/05/16 0:00:48

ご無沙汰してます。
ブログ、読みました。
この、松本先生という方は、いつかACO先生が私に教えてくれた先生だと思います。こんなに偉大な方だったんですね。いつかいつかと思い、結局お会いせずに終わってしまいました。そんな自分が恥ずかしい。
ACO先生、こんなステキなブログを紹介してくれてありがとうございました。

投稿: Risa | 2007/05/16 1:04:30

Risaちゃん、こちらこそブログ読んでくれて有難うございます。
うん、いつかRisaちゃんに話したことあると思います。
野口体操、そして松本先生の身体調律、この2つが今の私のインストの土台となっているから、レッスンでもしょっちゅう引用してるし。
Risaちゃん、恥ずかしくないですよぉ! 私なんて先生の晩年、全く足を遠ざけてしまっていたのですから。後悔先に立たず、デス。

投稿: ACO | 2007/05/16 1:30:39

遅ればせながら、先生のブログを読ませて頂きました。いのちと真摯に向き合う姿が、今の自分と真逆で・・・本当に恥ずかしい。あのような強靭な精神力を以ても克服できなかった病気、なのにその病気を憎まず、ひたすら学ぶその姿勢に・・・自分のおろかさ、弱さを実感しました。私の魂レベルはゼロ以下だーーー。

投稿: norimix | 2007/05/22 23:01:18

norimixさん、先生のブログ読んでいただき有難うございます。
>今の自分と真逆で
トンデモナイ!っす。 norimixさんは十分に闘っているじゃないですか。私はnorimixさんのブログを読んでて(例の件)、最初はその忍耐力に、次は勇気と行動力に感心しまくってました。サスガそちらは非凡な環境だから、世間一般の職場の悩みとレベルが違う。だからヨガのバランスポーズでもガシっと決まるのですね。

投稿: ACO | 2007/05/23 2:33:40

この記事へのコメントは終了しました。