« 視界の届かぬ所で | トップページ | シンガポール土産 »

『ネコを撮る』 岩合光昭

本屋で一気立ち読みして (^_^;) もう一度じっくり読み直したいと
レジまで持っていき買いました。

自称ネコカメラマンじゃなくても、ネコ(基本的に野良ニャン)ともっと仲良くなりたい人、ネコというものを理解したい人には非常に面白い内容です。また ネコを超えて、人としてこんな心構えで生きていきたい!って言葉が散りばめられています。
おもしろかったぁ (*^_^*)

ーーー自分の脳みそで考えるのではなく、自分のからだでヒトとしての皮膚感覚を持つことを心がけ、自分の居心地がいい場所はどこかと考えてみよう。

ーーー身体感覚を呼び覚ます。朝起きたら窓を開けて、風がどちらから吹いているのかを確かめる。(中略)空はどうなのか、気温はどうなのか、自分で判断する。そういうトレーニングが、皮膚感覚を育てるのだ。朝起きてテレビの天気予報で確認するだけでは身体に何も育たない。

ーーーネコといい関係を作りたければ、とにかくネコを見る。ネコを撮るとは、見ることに始まり、見ることに終わるといっても過言ではない。

(全て本書より抜粋)

『ネコを撮る』 岩合光昭  朝日新書033 ¥720


00007964_c_2731333

4月 23, 2007 ネコ(あるいはネコ的なもの)未分類 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ネコを撮る』 岩合光昭:

コメント

ACOさんこんにちは(^^)
ネコ好きにはたまらない本ですね~。じゅる
チェックしてみます!
先日受けた生理解剖学の講座の内容となんだかリンクしていました。皮膚感覚に聞く・・・なるほどそうですね。ヨガっぽいなぁ。
さっそく明日から、朝、窓を開けてそんな感覚を養ってみたいと思います♪

投稿: 南国陽子 | 2007/04/23 12:20:55

南国陽子さん、こんにちは☆
のみやま先生の講義ですね。私も解剖学フェチですので、次回は申し込もうと思っています。

この本を読むと、(野良)ネコの生き方がお手本みたく思われてきます。

でも、故郷へ帰られた際の陽子さんの日記を読むと、もう既に立派にソレしてるから、陽子さん必要ナシ!っす。笑

投稿: ACO | 2007/04/23 13:03:43

やほ。
ネコってばかなりヨギーっぽいよね、生き方が。
実際よくヨガやってるし。今度その本見せてちょ♪

投稿: 睦 | 2007/04/23 17:06:48

ACO先生、お疲れ様です!
私も猫が大好きで、岩合光昭さんの写真集大好きです!
ブランド猫じゃなく野良猫を生き生きと撮られるのが素晴らしいですよね。
私も買ってみよっと。

投稿: あき | 2007/04/23 19:17:14

睦どん、今度のデェトの時に持っていくよ☆

投稿: ACO | 2007/04/24 0:51:24

あきサン・・・? ねぇ、ねぇ、どの あきサンですか?
猫がどわぁ〜いすきな あきサン、2人います。

1人はちょっと昨年にニャンの体調が崩れたけれど、(その節はウチのニャンに余ったニャン缶たくさん戴き有難うございました)、今は回復して元気なニャンと毎日ネコのポーズ楽しんでる あきサン。

もう一人のあきサンは・・・昨日、13年間一緒に過ごしたニャンちゃんを亡くしたばかりの あきサン。日記読んでガンガン泣きました。もしも その あきサンがこのコメント寄せてくれたとしたら切なすぎるよぉ〜。とっちゃん、家族に見守られながら天国いけてよかったです。

投稿: ACO | 2007/04/24 0:59:59

後者です!!
日記読んでくださってたなんて感激です!!
私にとって猫はほんとに人生のパートナー、
本当に悲しかったけど、給料日前の私よりいいもん食べてるんじゃない??てぐらい幸せな一生を送ったのできっと彼も満足してるんでしょう☆

投稿: あき | 2007/04/25 1:48:01

やっぱ大阪のあきさん! そんな予感してました。
あの日記は衝撃的でした。忘れられない。
こんなニャンちゃんがいたこと、確かにこの世に生きたこと、私の心にもガッツリ刻まれました。愛情いっぱい受けた猫生でとっちゃん幸せでしたね。

コメント、本当にありがとうございました。

投稿: ACO | 2007/04/25 2:02:48

この前、岩合さんが徹子の部屋に出てまして、
黒柳さんと猫好き合戦的な感じが、幸せでした。
動物が苦手という長年の人生の欠陥を
あるニャンコのおかげで数年前に克服できました。
猫は私の先生です。
ニャンコ先生

投稿: みささ | 2007/04/28 23:51:06

みさささん、徹子の部屋、見れなかった。残念。
猫好き合戦は見てても幸せになりますよね。

岩合さん、アフリカで何万頭ものヌーの大移動の写真とか凄いやつ撮ってるくせに、結局はニャンコにヘロヘロ、大の猫好きのようです。

みさささん、昔は動物が苦手だったなんて信じられない。
どう猛な種類でも簡単に手なずけそうに見えますよ☆

投稿: ACO | 2007/04/29 0:26:31

この記事へのコメントは終了しました。